ホーム » カテゴリ » ページ

総量規制について

総量規制とは個人の借入総額が年収の3分の1までに制限される事ですが、総量規制対象外や総量規制の例外があります。

 

あまりにも見境なくお金を借りる方が増えた事から法律が施行されました。 結局のところ年収の3分の1以上のお金を借りた場合、300万円の年収であれば100万円までしか 貸付を受けられません。

 

ただこの総量規制の中にカーローンや住宅ローンそして クレジットカードのショッピングは対象にならないので、仮にカーローンから100万円、ショッピングの リボ払いが100万円あれば300万円の借金ができる事になります。

 

それらを考えると総量規制のボーダーラインはまだまだ甘い様な気がしませんか?

 

ですので、総量規制までの借入を受けてしまっていたら総量規制対象外の借り先を探すのではなく 残債を減らす努力の方が課題であると言えるでしょう。

 

もしくは、全ての借入を総量規制がかからない低金利に乗り換えると返済金が減っていきます。 特に危険なのがクレジットのショッピング枠です。もちろん規制対象外なのですが 金利も安く手軽に利用できるためどんどん借りてしまいます。

 

しかも最悪なのが返済方法を一括ではなくリボ払いに してしまう事にあるでしょう。返済を後手後手にしても何も良い事はありません。 そして大切なのが毎月の返済金額です。

 

元本が減っていかない利息のみの返済では完済するのが難しくなります。 総量規制の対象に入らない低金利の銀行カードローンに乗り換えると 少しは完済への意欲が強くなるかもしれません。

 

最近、問題になっているのがスマホやSNSなどの課金システムです。 クレジットカードで簡単に課金ができるので知らない内に 何十万もリボ払いが貯まってしまう方が増加しています。

 

支払いが困難になると総量規制のカードから借りそれすら払えなくなると 総量規制対象外のカードを探す事なるのです。 ただ、その図式ではもう総量規制対象外の銀行から借りられないかもしれません。 審査にはスコアリングシステムが採用されますので、少しでも点数を上げられるといいですね。